遺産分割協議が整わないとき

当事者間での遺産分割協議が整わないときや,遺産分割協議に参加しようとしない相続人がいる場合,遺産分割はそれ以上進めることができないのでしょうか。

そのような場合には,家庭裁判所での遺産分割調停,遺産分割審判といった手続きで,遺産分割を進めることになります。

遺産分割調停

遺産分割調停は,管轄の家庭裁判所に申し立てをすることによって開始します。裁判官一人と調停委員二人が主催しますが,通常は調停委員の二人が,当事者を別々に呼んで事情を聞きます。

預金の残高証明書や不動産の固定資産税評価額証明書など,遺産に関する資料等の提出を求められ,それをもとに,裁判官や調停委員が必要な助言をしてくれたり,分割案を提案してくれたりします。

調停にあたっては,申立書,当事者目録,遺産目録,相続関係図といった必要書類を作成して申し立てる必要がありますが,こういった手続きは弁護士が代理することが可能であり,その方が書類の作成といったご負担が少なくなります。

また,弁護士が調停の場に代理人として出席することもできます。なお,行方のわからない相続人がいる場合は,不在者財産管理人の選任や失踪宣告,判断力に問題がある相続人がいる場合は成年後見手続き,未成年の相続人には親権者や特別代理人の選任などの手続きが必要です。

遺産分割審判

遺産分割調停でもまとまらなかった場合は,調停は不調となり,自動的に遺産分割審判に移行することになります。

遺産分割審判が協議や調停と大きく違う点は,「話し合い」の手続きではないということです。提出された資料や当事者の主張に基づき,裁判官が最も適切と考える遺産分割方法が指定されます。

相続割合は基本的に法定相続分どおりになります(協議の場合,相続人で自由に割合を決められる)。

審判の場合,相続人が誰も希望していないのに不動産の競売命令が出てしまうなどのケースもあるので,注意が必要です。

また,裁判に近い形で進む手続きであることから,法的知識のない方が自力で対応するのは難しいといえるでしょう。

裁判等の司法手続きに慣れた弁護士にお任せいただいた方が,納得できる結論を導くことができる可能性が高まります。ぜひ弁護士にご相談ください。

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー