遺留分を請求できる人(遺留分権者)

遺留分が認められているのは,被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人です。その割合は,誰が相続人であるかによって異なります。直系尊属のみが相続人の場合には,遺留分は法定相続分の3分の1,それ以外の場合の遺留分は2分の1となります。

遺産総額に対する法定の遺留分率は,以下の表のとおりです。

相続人の組み合わせ 遺留分の合計 それぞれの遺留分
配偶者 配偶者以外の相続人
配偶者あり 子(直系卑属) 1/2 1/4 1/4を子の数で割る
被相続人の父母(直系尊属) 1/2 1/3 父母がそれぞれ1/6ずつ
被相続人の兄弟姉妹 1/2 1/2 なし
配偶者なし 子(直系卑属) 1/2 1/2を子の数で割る
被相続人の父母(直系尊属) 1/3 父母がそれぞれ1/3ずつ
被相続人の兄弟姉妹 なし なし

また,子の代襲相続人,再代襲相続人にも遺留分は認められています。その場合,各々の相続分の範囲で遺留分が認められることになります。

なお,他の相続族人の相続放棄によって法定相続分が増えた場合には,それに応じ遺留分も増えることになります(相続分や遺留分を放棄した場合にはこの限りでなく,遺留分が増えることはありません)。

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー