労使トラブルを未然に防ぐには

労使トラブルは会社にとって想定外のダメージに

従業員と会社間の労使トラブルは年々増加しています。これまで雇用関係にあった労働者とのトラブルは,会社にとって想定以上のダメージになりえます。

例えば,解雇が争われ不当解雇と判断された場合,解雇から解決までの賃金相当額や解決金を支払わなければならないこととなり,会社にとってかなりの経済的負担になりえます。

また,裁判所で争われるとなると,トラブルの当事者が出廷するなどの負担も生じますし,SNSで個人での情報発信が容易な現代では,いったんトラブルが発生するとそれがネット上で拡散され,あっという間に会社の社会的評価が地に落ちることにもなりかねません。

労使トラブル防止のために弁護士にご依頼を

こういったトラブルを未然に防ぐためには,労働法規や司法手続きに精通した弁護士が継続的に関わることが効果的です。

雇用契約書や就業規則を整備することで,労働法規違反が生じることを未然に防いだり,従業員に対する解雇処分等を実施する際に弁護士が慎重に判断をすることで,後に解雇無効が争われることを防いだりすることができます。

また,仮に従業員に労働審判や裁判を提起されてしまった際にも,法的知識や裁判実務に精通している弁護士が手続きを代理することで,迅速かつ適正な解決を図ることができます。

顧問弁護士の導入をご検討ください

我々は,弁護士が会社の労使問題に効果的に関わるためには,単発で事案ごとにご相談を受けるより,顧問弁護士として,「かかりつけ医」のような形で,継続的に関わる方がより望ましいと考えています。

なぜなら,万全な労務管理を行うために,会社の業務内容や内情等を熟知しておいた方がより適切な対応をご提案できるからです。

顧問弁護士として契約していただいた場合,法律相談も一定の範囲であれば無料で対応しますし,面談に限らず,メールやお電話で気軽に相談に対応することができます。

こういった対応も,顧問弁護士として継続的に関わらせていただく中で,前提事項を事前に共有しておくことができるからこそ可能なのです。

効果的な労使トラブルの予防のために,顧問弁護士の導入をぜひご検討ください。

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー