労働問題でお困りの方へ

労働問題とは,雇用主である会社と,雇用されている従業員との間の労使関係に関わるトラブルです。労働問題と一言で括っても,その中身には,不当解雇,未払残業代,ハラスメントや労災対応,団体交渉の対応等,様々な種類があります。

会社と従業員の関係

会社と従業員は,労務の提供に対価を払うという内容の雇用契約を,対等な当事者同士として結んでいます。しかしながら,実際には会社と従業員との力関係は圧倒的に会社の方が強いため,労働法規は労働者たる従業員の地位を強く守っています。そういったバランス感覚を経営者が正しく持っていないと,従業員との間でトラブルになりかねません。

とはいえ,労働法規に関する知識を経営者がすべて把握するのも,考えるべきことの多い経営者にとっては大変な負担です。また,実際に労働問題の紛争が顕在化した場合,解決には時間がかかることが多く,大変な時間とコストがかかります。

自分たちで問題を解決しようとするのではなく,労働問題の専門家である我々弁護士にお任せいただいた方が,時間の節約となり,金銭的な負担もかえって軽くなることが多いのです。

また,顧問弁護士として,継続的にご相談を受け,会社の経営に関わることで,トラブルの萌芽を察知することができ,そもそも紛争が顕在化する前に予防することができます。

また,労働法規に関する最新の知識を経営者の皆様や従業員に対して共有する機会を設け,会社全体の労働法規に関する知識のアップデートをお手伝いすることもできます。

経営者のビジョンの実現をお手伝いいたします

経営者の皆様は,会社を経営するにあたり,素晴らしいビジョンをもって取り組まれていることと思います。その思いが,労働法規の知識の不足であったり,労使管理を怠ったりといったことで,従業員とのトラブルに繋がり,躓きになってしまうのは大変もったいないことです。

我々は,皆さまのビジョンの実現に,様々な形でお役に立ちたいという思いを持っており,持てるすべてのリソースを用いてサポートさせていただく所存です。ぜひ,皆様の夢に向かって伴走させていただきたく思います。

労働問題・中小企業法務 関連ページ

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー