よくある質問

・具体的な紛争になる前でも相談していいですか

→もちろんご相談ください。むしろ争いになる前の段階からご相談いただくことをお勧めしております。

・相手の方と揉めたいわけではないんですが,そういう対応もお願いできますか。

→弁護士が代理人として介入することや法的手続きを取る場合のインパクトはありますが、どのような対応をするかについては、ご要望に応じて柔軟に検討いたしますので、ご安心ください。

・弁護士費用の支払いのタイミングを教えてください

→着手・報酬形式の場合,委任契約締結後に着手金を,事件終結時に報酬をいただきます。

タイムチャージ形式の場合は,当月1ヵ月分を翌月にご請求いたしますので、翌月中にお支払いをお願いしております。

詳しくは事案によりますので,お問い合わせいただければ幸いです。

・必ず受任してもらえるんですか

→弁護士が受任すべきかどうかはお話をお伺いしてからでないと判断ができません。

また,既にご依頼いただいている依頼者様と利害関係が衝突することが明らかになる等,場合によってはお断りをすることもございます。

・相談するのに準備した方がいいですか

→資料がなくても相談は可能ですが、関係されると思われる資料一式をお持ちいただくと、より明確なご回答をすることができます。

相続案件であれば戸籍謄本や遺言書,労使紛争案件であれば就業規則や労働契約書,労働条件通知書等をご準備いただけると,より正確なご回答をすることができます。

また,これまでの経緯や相談の概要をまとめてご持参いただくと,スムーズに対応することができ,また的確なアドバイスにも繋がります。

・会社や自宅に来てもらうことはできますか

→出張相談も承っております。ただし,交通費や、遠方の場合は日当をご負担いただくことがありますので、予めご了承ください。

・受けられない相談はありますか

→すでにご依頼いただいている依頼者様と利害関係が衝突する場合,同一事件について既に相手方から相談を受けている場合は受けられないことがあります。また,反社会的勢力に所属している方からの相談はお受けすることができません。

また、メールのみでの法律相談はお受けしておりません。予めご了承ください。

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー