M&A・事業承継について

M&A・事業承継について

経営者の皆様が,どれだけ素晴らしいビジョンを持って社会に貢献する事業を営まれていたとしても,悲しいことに,人間は必ずその命を終える時がきます。

どんなに世の中で崇高な使命を果たしている経営者であっても,その思いを継ぐことができないとしたら,肉体の消滅に伴いその社会への貢献は永遠に失われてしまうこととなり,それは非常に残念なことです。

しかし,「死」が避けられない概念としてある生身の人間と異なり,法人には,「死」という概念がありません。素晴らしいことに,経営者の肉体が失われたとしても,その思いは適切な事業承継という形で,次世代に受け継ぐことができるのです。

増える中小企業の廃業数

我が国においては,中小企業は全企業数の99%以上を占める社会経済を支える屋台骨であり,国民の豊かな生活にとって欠かせない財やサービスの提供を行う,素晴らしい存在意義を有しています。しかしながら,我が国の中小企業では,経営者の年齢のピークが高齢化し,かつ後継者が確保できず廃業に迫られている中小企業が増えており,これは本当に惜しむべきことだと考えております。

ぜひ,適切な事業承継を実施し,経営者の思いを新たな世代に引き継いで更に成長・発展させ,その素晴らしい価値を提供しつづけていっていただきたいと思います。

事業承継を成功させるためには弁護士にご相談を

適切な事業承継を実施するためには,事前の入念な準備と,メリットやデメリットを正確に把握し,事業にとって適切なやり方を見極めることが必要です。

士業に相談するのは税金対策のみであるとお考えの経営者もおられますが,実は税法知識のみならず,会社法や相続に関する法的知識も必要不可欠なのです。

親族への承継をお考えでしたら,遺留分の考慮をしつつ適切な遺言を作成することが必要ですし,従業員に承継させるとなったら,株式の取得費用の捻出等,あらかじめ用意しておくべきことがあります。

後継者が見つからない場合には,M&Aを検討することとなります。

こういった方法のうち,事業にとってどのような方法が適切なのかは,ぜひ法的知識と経験を有し,メリットデメリットを正確に把握している弁護士にご相談いただければと思います。事業承継等まだ先のこと,まだまだ自分たちには関係ない話と思わず,気軽に弁護士にご相談ください。

M&A・事業承継 関連ページ

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー