顧問弁護士をおすすめするケース

顧問弁護士が必要なケース

顧問弁護士が必要なのはどのような会社でしょうか。自分たちの会社はあまり規模が大きくないから,顧問弁護士なんて必要ない,というお声を聞くことがあります。しかしながら,むしろ,小さい規模の会社,特に法務部を置いていないような会社の方が,顧問弁護士が必要な場面が多いのではないかと思います。

経営における関係法令や制度は日々目まぐるしく変わっており,そのすべてを経営者が把握することは大変負担です。また,経営者は従業員の労務管理が義務付けられており,時間外労働の管理や割増賃金の支払い,ハラスメントや労災への対応など,やらなければならないことが多くあります。

こういった業務は,顧問弁護士にお任せいただいた方が,経営者の皆様が安心して会社経営に集中することができ,会社の発展に資することができます。

継続的に未払い報酬が発生する場合

また,病院や飲食店等,継続的に未払い報酬が発生する場合にも,顧問弁護士は有用です。未払いが発生した場合,その都度スポットで弁護士に依頼するとなると面倒かつ費用も掛かりますが,継続的に経営に関わる顧問弁護士であれば,スムーズな対応が可能ですし,債権回収にかかるコストも最大限抑えることができます。

紛争予防にも役立つ顧問弁護士の存在

また,対外的に顧問弁護士がいることを示すことで,不当な要求の予防になるという効果もあります。弁護士がついていることで,明らかに不公正な問題ある条件等を飲まされることがなくなり,トラブルを避けることができます。

顧問弁護士は,経営者の皆様に伴走し,その理念の実現に尽力する存在です。その会社がどの程度の法的サポートが必要かどうかにより,いくつかの料金プランもご用意しておりますので,顧問弁護士の導入に興味を持たれた場合には,いつでもお気軽にお問いあわせください。

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー