契約書の作成・リーガルチェック契約書

契約書作成の重要性

取引内容に沿った万全な契約書を作成することは,その合意の履行を確実にするのみならず,最大の紛争発生予防対策となります。

弁護士に契約書の作成をご依頼いただいた場合,作成のための必要な情報についてヒアリングを行い,当事者間の力関係など,具体的な事情について把握したうえで,会社にとって最大限に有利な契約書の作成に尽力します。

また,弁護士は,契約書の作成のみならず,相手方との交渉についても応じることができます。

リーガルチェックとは

また,一から契約書を作成するのではなく,会社が作成した契約書のリーガルチェックも承ることができます。

リーガルチェックとは,作成した契約書の内容が法律に照らして妥当であるか,トラブルに発展するリスクがないかを確認することです。

契約書に関して後に紛争になりがちなのは,契約書に別の解釈も可能なあいまいな内容が含まれていて,契約者双方の認識のずれにつながり,トラブルに発展するというものです。

弁護士のリーガルチェックを経れば,法的な視点から他の解釈が可能な多義的な文言を改め,誤解の余地がない内容であるかを確認することができます。

他士業と弁護士との違い

契約書の作成やリーガルチェックは,行政書士等,弁護士以外の他士業でも対応していることがあります。場合によっては,弁護士より安価で請け負ってくれる場合もあるかもしれません。

しかしながら,弁護士は,他の士業と比べ,法的知識が格段に豊富であり,法的トラブルの対処経験も他士業とは比べ物になりません。かつ,万一契約書をめぐり,紛争に発展した場合に対応できるのは弁護士のみです。

契約書に関しては,初めから他士業ではなく弁護士にお任せいただいた方が,かえって会社の契約書にかける諸々のコストは低くなるものと自負しています。ぜひご依頼ください。

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー