契約書の作成業務について

契約書はなぜ作成しなければならないのでしょうか。実は,当事者間で何らかの契約を締結する場合,原則として,契約の成立には合意で足り,契約書を作成することは契約の成立要件ではありません。

しかしながら,会社間の契約では契約書を作成することが通常です。

それは,契約書を作成することには,取引に関して当事者間で双方の権利義務関係,リスクの分担や回避方法について,あらかじめ取り決めたことを書面化して明示しておくことで,後の紛争を予防するという大切な役割があるからです。

また,契約書を作成する過程で,双方の認識をすり合わせることができ,誤解による紛争の発生を防ぐことができます。

契約書の作成は,後の紛争予防のために重要であり,慎重に協議して作成しなければなりません。単に形式的に作成した,雛形を使いまわして作った契約書には,何も意味がないものとお考えください。

任意規定と強行規定

当事者双方で合意があったからといって,契約書に記載されていることがすべて有効になるかというとそうも限りません。

法律の規定には,その法的効果を当事者の意思によって排除できる任意規定と,当事者の意思に関わらず法的効果が発生する強行規定とがあり,強行規定に反する合意は,契約書に記載されていたとしても無効になります。

強行規定の存在を知らずに契約書を作成し,後になって無効であるといわれることがないよう,予め注意する必要があります。

契約書の作成はぜひ弁護士へ

契約書の作成業務やリーガルチェックを弁護士にお任せいただくことで,雛形の使いまわしでは避けられない法的トラブルに対応できる契約書の作成をお手伝いすることができます。

また,契約書の作成に伴う交渉も請け負うことが可能です。当事者の力関係や協議の過程を考慮に入れ,取引の実態に即したオーダーメイドの契約書を作成いたしますので,契約書を作成する必要が生じる場面では,お気軽に弁護士にご依頼ください。

契約書作成業務 関連ページ

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー