契約書作成の注意点

雛形を使用することの問題点

多くの中小企業では,ネットに上がっている契約書の雛形を編集して契約書を作成し,それを用いて業務を行っているのではないでしょうか。

雛形を使うことには,時間の短縮などのメリットもありますが,契約での合意内容はその時々で様々なはずであり,汎用性が高く多用できることが重視されている雛形の記載が,自社の契約内容と完全に合致していることは少ないと思います。

契約内容に合わない契約書を作成することの有用性はなく,かえって文言の解釈等をめぐりトラブルが発生する原因となります。

漫然と利用した雛形に,自社では到底履行できないような内容が含まれていて,後々契約違反を問われてしまうというトラブルもあります。

また,雛形には汎用性の要求から契約条項の具体的内容が曖昧にされているものが多く,肝心のところで「当事者間の協議の上決定する」といった文言が用いられている場合があります。

これでは何のために契約書を作成するのか分からず,まったくリスクマネジメントに役立たないうえ,相手方からいつまでたっても履行を受けられないといったトラブルにもなりかねません。

更に,雛形は双方にとって中立的な立場で作成されており,一方の当事者にとって有利な内容を取り込みたいといったニーズには答えていないものであることが通常です。

弁護士に依頼してオーダーメイドの契約書を

契約書を作成する場合には,当該契約の特有の事情を含め,取引の実態に即した契約書を作成することが必要です。そのうえで,当事者の力関係によって,法律に違反しないことを前提として,一方の当事者にとって有利な内容を盛り込むこともできますが,そういった契約書の作成には,法的知識を有する弁護士の関与が不可欠です。

トラブルを避け,かつ会社にとって最大限有利な契約書を作成するため,ぜひ弁護士に契約書の作成をご依頼いただくことをおすすめいたします。

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー