事業承継をお考えの方へ

事業承継とは

事業承継とは,会社の経営権,資産,知的資産を後継者に承継させることです。

単に後継者に株を贈与して,社長を交代するというだけでは,その後の会社の経営は回りません。事業資金や設備,不動産など事業運営に必要不可欠な資産を承継させる必要がありますが,これらの取得には所得税や相続税,贈与税などの税負担が伴うため,最も負担の軽いスキームを検討する必要があります。

M&Aとは

M&Aは事業承継の方法の一つであり,他の会社から保有する事業の一部または全部を譲り受けたり,他の会社の株式を取得したり,会社を合併したりして事業を拡大することをいいます。

親族に相続させる以外の方法で事業を承継させる際に検討される手法です。

後継者が見つからない場合には,この方法で事業を承継させる方法を模索することになります。M&Aには様々な方法と目的があり,必ずしも事業承継を目的としないM&Aもあります。

事業承継のメリット

事業承継をするメリットは,事業資金や設備といった資産のみならず,その会社の有する,取引先とのコネクション,組織力やブランド,特殊技術やノウハウといった強みを受け継がせることができるという点です。

こういった強みは目に見えない経営資源であるため見過ごされがちですが,その会社の競争力の源であり,そこに会社の存在意義があるともいうべき大事な点です。

事業承継を行うにあたっては,経営者自らそういった知的資産に対して自覚的になり,更にそこに磨きをかけて,後継者に伝承していく必要があります。

事業承継が失敗するパターンとは

事業承継が失敗するパターンはいくつかありますが,その一つとして,後継者に関する失敗があります。親族内の承継でありがちですが,後継者の選定が遅すぎて教育が不十分だったり,後継者の適性を見極めた選定ができなかったりすることによる失敗です。

先代ほどの求心力がない後継者だと,組織の調整力が必要となりますが,そういった力がなく経営陣が対立する事態もありえます。

また,相続人である複数の子に株式を均等に承継させるなどして,承継後に適切な株主構成にしなかったため,その後の経営が不安定になってしまったという失敗もあります。

M&Aで事業を売却した後,あまりにも企業文化が違うことからシナジーが生まれず,思った効果があげられなかったという失敗もよく聞くところです。

事業承継を失敗させないために,弁護士にご相談を

事業承継は,5~10年かけて実施する壮大な,しかも重大なプロジェクトです。経営者の皆様が慈しみ,育み,大きくしてきた大切な子どものような事業の承継が失敗してしまうことのないよう,様々ある事業承継の方法からメリットデメリットをよく勘案し,適切な方法で実施する必要があります。

我々弁護士は,事業承継のメリットデメリットを正確に把握しており,適切なスキームをご提案することができると自負しております。事業承継を失敗させないために,ぜひ弁護士へのご相談をご検討ください。

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー