事業承継で弁護士にできること

弁護士のその他の士業との違い

弁護士は,司法書士等の取扱業務に制限がある士業とは異なり,遺言書や契約書の作成,事案に対する解決スキームのご提案,仮に紛争が生じた場合の交渉や裁判といった法的業務をすべて実施することができます。

法律の専門家としての視点

事業承継を弁護士に依頼するメリットとしては,法律家としての視点から,会社の現状を分析し,その会社に最も適した事業承継の計画を立てて,その方法を立案していくことができることです。

予防法務の観点からもアドバイスいたします

また,将来の紛争の火種を察知し,その予防のための施策を実施することができることもあげられます。特に親族内承継の場合によくあるトラブルとして,長子を後継者と定めて株式を集中して取得させ,他の相続人から遺留分侵害額請求をされるといったことがあります。あらかじめ遺留分のことを念頭に置いて計画を立てる必要がありますが,こういった相続分野は弁護士の得意分野となります。

第三者との交渉もお任せください

更に,交渉が必要な場面では,代理人として交渉を請け負うことができます。例えばM&Aを実施するような場合には,買い手や金融機関との交渉は不可欠になりますが,経営者がそれを実施するのは難しい場合,弁護士が代理人として会社の利益を最大化すべく交渉に臨むことができます。

会社の資産価値の上昇もお手伝いします

事業承継そのものの実施に関わるほか,弁護士は,事業承継を失敗させないために,企業の資産価値を下げないためのお手伝いをすることもできます。会社の経営に関わり,労務管理やコンプライアンス体制を整えることで,会社の資産価値を上昇させることができます。また,事業承継が成功するか否かは後継者の選定が非常に重要ですが,その選定のための適切な助言を行うほか,選定された後継者に対し,研修実施等の方法で教育に関わって,長いスパンで事業承継のお手伝いをすることができます。

弁護士へのご相談を検討ください

事業承継を失敗させないためには,税務的な側面からの検討も必要であり,公認会計士や税理士のサポートも不可欠です。しかしながら,弁護士による法的サポートもまた同様に不可欠なものといえるのです。皆さまの素晴らしい事業の存続のため,ぜひ我々弁護士にもお手伝いをさせていただきたいと考えています。

初回相談無料・お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0364472073電話番号リンク 問い合わせバナー